離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/夫が勝手に実家に戻ってしまい、生活費すらも入れてくれなくなりました。裁判で離婚を求めたいのですが、認められますか?

離婚について 離婚の原因

kigamiAuther :木上 望

Q 夫が家庭を顧みず、勝手に実家に戻ってしまい、生活費すらも入れてくれなくなりました。ところが、世間体が悪いということで離婚については拒否されています。裁判で離婚を求めたいのですが、認められますか?

A 民法 770条 第1項 2号は、「配偶者から悪意で遺棄されたとき」を、離婚原因としています。この悪意の遺棄というのは、夫婦関係が破綻する恐れがあることを知りながら、それでもかまわないとして(=悪意)、正当な理由がないのに同居義務、協力義務、扶助義務(民法第752条)などを履行しないこと(=遺棄)をいいます。
その典型例は、夫が家出をして、妻子に生活費を送らないというケースです。このような場合には、特別な事情がない限りは、悪意の遺棄として離婚が認められることが多いでしょう。
夫が勝手に実家に戻ってしまい別居状態が生じたとしても、生活費については適正な額を送金しているという場合には、別居が生じた理由によっては、悪意の遺棄には該当しないと判断されることもあるでしょうが、ご相談のケースでは、生活費すら送金がなされず、ご相談者は、生活に困窮しておられるということですので、特別の事情がない限りは、夫が拒否していたとしても、裁判をすれば離婚が認められると思われます。

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP