離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/別居中の夫から離婚に応じないのであれば、生活費を渡さないといわれています。どうしたらよいでしょうか?

離婚について

kigamiAuther :木上 望

Q 別居中の夫から離婚を求められました。拒否したところ、離婚に応じないのであれば、来月からの生活費を渡さないといわれています。どうしたらよいでしょうか?

A 離婚の話し合いにおいて、ご相談のケースのように、生活費の支払いが離婚の交渉材料とされる場合や、希望する条件で子どもとの面会交流を認めないのであれば養育費を支払わないという形で養育費の支払いが面会交流の交渉材料に用いられる場合などがあります。
しかし、生活費(婚姻費用)や養育費は、離婚や面会交流の有無とは別の観点から必要とされるものですので、交渉を有利に進めるための材料としてこれらを用いることは相当ではありません。
夫婦は婚姻関係が続いている限りは、その収入に応じて生活費を分担しあう義務を負います(民法第760条)。妻が夫からの離婚の申し入れを拒否し、離婚に応じないからといって、夫は、婚姻費用の支払いを拒否することはできません。
ご相談のケースの場合、上記の旨を夫に伝えて説得を試み、それでも拒絶する場合には、家庭裁判所に婚姻費用の分担請求調停を申し立てることが考えられます。また、婚姻費用の支払いがなく、これによって妻の生活が逼迫しており、事前に仮払いをする緊急性がある場合には、仮払いの仮処分(審判前の保全処分)を申し立てた上で、仮処分を得て、強制執行を行うことが考えられます。

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP