離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/夫と離婚直後に出産の予定なのですが、この場合、生まれてくる子どもの戸籍はどうなりますか?

氏と戸籍について

kigamiAuther :木上 望

Q 夫と不仲となり、離婚する予定です。私は、妊娠中で、離婚直後に出産の予定なのですが、この場合、生まれてくる子どもの戸籍はどうなりますか?

 

A「婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する」(民法第772条第2項)とされていますので、離婚後300日以内に生まれた子は、元夫の子(嫡出子)であるとの推定を受けます。

嫡出である子は、「子の出生前に父母が離婚したときは、離婚の際における父母の氏を称する」(民法第790条第1項)とされており、この場合、父の氏を称する子は、父の戸籍に入り、母の氏を称する子は、母の戸籍に入る(戸籍法第18条第2項)とされています。

そのため、ご相談のケースにおいて、ご相談者が婚姻により氏を改め、相手方(元夫)を筆頭者とする新戸籍が編成されていた場合、あるいは、既に編成されていた相手方を筆頭者とする戸籍に入籍していた場合において、離婚が生じ、離婚後300日以内にお子さんが生まれたときは、お子さんは、嫡出子として、相手方を筆頭者とする離婚前の戸籍に入籍することになります。なお、子の出生届については、離婚前は父又は母が行うことになりますが、離婚後は、母がこれを行わなければならないとされています(戸籍法第52条第1項)。また、離婚後に出生した子の親権者は、母とされています(民法第819条第3項本文)。

この場合、母の戸籍と子の戸籍とが異なってきますが、「子の氏の変更についての許可の審判」の手続を経た上で、入籍届を行うことで、母と子の戸籍を一致させることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP