離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/養育費を減額してもらいたいのですが、どのように話を進めたらよいでしょうか?

養育費について

kigamiAuther :木上 望

Q 離婚当時の収入を基準に養育費の額を決め、離婚してから約5年が過ぎました。この間に私は転職のため収入が下がってしまいました。他方、子どもの話によれば、当時、主婦だった元妻は、働き始めて今は一定の収入があるようです。そこで、養育費を減額してもらいたいのですが、どのように話を進めたらよいでしょうか?

 

A 養育費の支払は長期に及びますので、その後の事情の変化によって、離婚の際に決めた養育費の金額が実情に合わなくなることがあります。

ご相談のケースは、養育費の減額請求ですが、この場合、まずは、相手方(元妻)に対して、事情を説明して減額を求めることになります。当事者間で話し合いをすることができない場合や、協議をしたものの合意に達することができなかったという場合には、家庭裁判所に調停または審判を求めることになります。

もっとも、当初の養育費の算定は、通常、諸事情を考慮して行われていますので、一度決めた養育費を減傾や増額する場合は、養育費を定めた時に予想できなかったような事情変更があったということが必嬰となります。少々の事情が変化した程度では、少なくとも審判では養育費の増減額は認められませんし、話し合いでも相手方の理解を得ることは困難でしょう。

例えば、当事者の就労環境や社会的地位の変化に伴い、大幅な収入の増減が生じた場合や、当事者の再婚により新たな子が出生した場合、子どもの病気等のため予想外の医療費等が必要となった場合など、当事者を取り巻く社会的状況、経済情勢の変動などにより現在の養育費の金額を維持することが当事者に酷であり、客観的に当事者間の衡平を害するような場合には、養育費の増減額請求も認められるものと思われます。

ご相談のケースでは、当初の養育費を決定してから約5年が経過していること、あなたの収入が低下する一方、相手方(元妻)の収入が増加していることからすると、養育費の減額が認められる可能性は十分にありうると思いますので、まずは、相手方に申し入れを行い、それが功を奏しない場合には、家庭裁判所に調停あるいは審判を申し立てると良いでしょう。

 

 

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP