離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/夫と離婚するにあたって、どのような財産について分与を求めることができますか?

財産分与と慰謝料について

kigamiAuther :木上 望

Q 夫と離婚するにあたって、どのような財産について分与を求めることができますか?

 

A 夫婦の財産の帰属について、民法は、「夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。」(民法 762条 1項)と定めており、いわゆる夫婦別産制をとっていますが、離婚にあたっては、夫婦の一方は他方に対して、財産の分与を請求することができるとされています(同第768条第1項)。また、夫婦で協議が整わず、あるいは、できない場合には、家庭裁判所が、双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定めることとされています(同条第3項)。

 

財産分与の対象財産は、「当事者双方がその協力によって得た財産」(民法第768条第3項)ですので、夫婦どちらの名義になっているかどうかにかかわらず、婚姻期間中に協力して形成した財産はすべて対象となります。そのため、婚姻期間中に協力して形成したものであれば、現金、預貯金、不動産、自動車、有価証券、保険等のあらゆる財産が含まれます。なお、退職金については、その支給の確実性等の観点から議論がありますが、詳しくは、こちらをご覧ください。

逆に、夫婦のどちらかが結婚前から有していた財産や、結婚後に相続によって取得した財産などは、ご夫婦が協力して築き上げた財産ではありませんので、原則として財産分与の対象にはなりません。

 

なお、財産分与というとプラスの財産のことが中心となりますが、借入金などのマイナスの財産についても婚姻期間中に夫婦の共同生活の必要性から形成されたのであれば、財産分与において検討することになります。財産分与における債務の取り扱いについては、こちらをご覧ください。

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP