離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/私たち夫婦の財産は、夫の名義のマンションだけですが、多額の住宅ローンが残っています、どうすることになりますか?

財産分与と慰謝料について

kigamiAuther :木上 望

Q 私たち夫婦の財産としては、夫の名義で住宅ローンを組んで購入したマンションだけですが、多額の住宅ローンが残っており、売ってもマイナスとなる見込みです。このマンションは、どうすることになりますか?

 

A 住宅ローン付のマンションであっても、その時価がローンの残高を超える場合には、時価額からローン残高等を差し引いた残金を分ける形で財産分与額を計算し、その他の財産や現金等で清算する方法が考えられます。また、実際に売却の上、売却代金からローン残高と売却に要した費用を控除して残金を分け合うという方法もあるでしょう。

これに対し、ローン残高が時価額を上回っている場合(いわゆるオーバーローンの場合)は、その取り扱いをどうするかは実務上も悩ましい問題です。なお、オーバーローン部分を填補しうる程度のプラスの財産が他にある場合には、それを考慮して財産分与額を決めることになります。

ご相談のケースのように資産といえるものはオーバーローンのマンションだけという場合、ご夫婦の希望を踏まえて最適な方法を考えることになります。

この場合、マンションについては、実質的な資産価値はないということになりますので、あなたが、マンションに引き続き居住することにこだわらないというのであれば、財産分与を求めないということも一つの選択肢ではあります。この場合、マンションについては、相手方(夫)の方で、売却するか、あるいは、住宅ローンを支払い続けてでも居住を続けるかということを検討することになります。

ご相談のケースで、あなたが引き続きマンションに住み続けたいと希望している場合には、例えば、相手方が承諾するのであれば、相手方にローンの支払を委ね、あなたは、無償あるいは、一定額の賃料を支払う形で居住を続けるという方法が考えられます。ただ、この場合には、何らかの事情で相手方がローンの支払いを怠ってしまうと、不動産が競売にかけられ、退去を余儀なくされるというリスクがあります。そのため、こうした方法を採る場合には、住宅ローンの支払がなされている点をどのように確認し、万一、支払遅滞等が生じた場合にどう取り扱うのかといった点をあらかじめ慎重に検討しておく必要があります。

また、あなたが、相手方名義の既存の住宅ローンの債務を引き受ける、あるいは、新しく住宅ローンを組む等の方法で、既存の住宅ローンの残債務額を支払い、その代わりにマンションを譲り受けるという方法なども考えられます。ただ、この場合には、金融機関が債務引き受けについて同意してくれるかどうかという点、あるいは、既存の住宅ローンの残額を支払うための資金調達の方法をどうするか(あなたの収入や年齢によっては住宅ローンの審査が通らないということもあり得ます。)という点などが問題となり得ますので、金融機関を交えた協議や検討が必要となります。

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP