離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/慰謝料が請求できるのはどのような場合でしょうか?

財産分与と慰謝料について

福井春菜Auther :福井 春菜

Q 慰謝料が請求できるのはどのような場合でしょうか?

 

A 代表的な例として、不貞行為(浮気・不倫)やDV(家庭内暴力)が挙げられますが、他に、経済的な虐待、性交渉の拒絶などもあります。

金額の多寡は、一概には決まりません。

まずは、原因となる行為(有責行為)がどれだけ人の心を傷つけるものか、その行為の態様や、行為に至る経緯等が考慮されます。

それらに加え、婚姻期間の長さや当事者の年齢、再婚可能性、子どもの有無・年齢といった事情や、双方の職業・資産状況など、様々な事情が総合的に考慮されて金銭的な評価が決まります。

慰謝料が支払われるべき有責行為があった事実等は、請求する側が証明しなければなりません。適切な慰謝料を得るには、十分な資料準備と、それを基にした裁判における的確な主張立証が必要です。

慰謝料についてお悩みの場合には、弁護士にご相談ください。

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP