離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • 新規離婚相談ご予約専用ダイヤルtel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所

MENU

離婚問題について複数の所属弁護士が情報を公開中。初回ご相談無料です。

  • >新規離婚相談ご予約専用ダイヤル tel.0120-94-7455 【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30
  • アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚のアレコレ/財産分与

財産分与

福井春菜Auther :福井 春菜

Q 各自が持っている財産はどのように分けるのでしょうか?借金はどうなりますか?

 

A 離婚の際の財産分与は、婚姻中に夫婦で築き上げた共有財産を分割するものです。

名義を問わず、預貯金、有価証券、保険解約返戻金、退職金、不動産、車、家財道具等あらゆる財産が分割の対象となります。

分割割合は、原則として2分の1ずつです。

計算の基準時は、原則として別居時点です。

婚姻期間が長期にわたるほど、様々な財産が築き上げられているでしょうから、分割する財産を整理するだけでも一苦労です。また、どれが夫婦で築き上げたもの(共有財産)で、どれがそうではなく個人的に得たもの(特有財産)なのかの判断が難しいことも多いでしょう。時には、1つの財産のうちの一部が特有財産となることもあります。

面倒ですが、きちんと分け方を決めておくことが、後の紛争を防ぐことになりますし、それぞれが新たな人生をスタートする上でも非常に大切なことです。

 

婚姻中に夫婦で負うことになった住宅ローンや車のローンのようなマイナスの財産については、分割の際の計算に入れるか否かについて争いが生じ得ます。計算に入れるべきかどうかは、取得の経緯や目的等様々な事情を考慮すべきでしょう。

なお、オーバーローンとなっている不動産そのものは、原則として財産分与の対象とならないと考えられます。

また、パチンコや浪費等により、婚姻生活とは無関係に一方が負うこととなった借金は、計算には入れられません。

適切な財産分与を行うためには、一度弁護士にご相談ください。

  • ご相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用

ご相談のご予約

離婚問題でお困りの方は
まずはアステル法律事務所へご相談ください!

初回の法律相談は30です。

tel.0120-94-7455

【お電話受付時間】 平日9:00〜17:30

PAGE TOP